新婚なのに週の半分は別居!アラサー主婦の日記。

結婚2年目にして、祖父母の介護で半別居中。介護、妊活、主婦生活など、今と過去の経験含めて、できるだけためになる情報を書くブログ。

新婚なのに週の半分は別居!アラサー主婦の日記

【妊活】医療用サプリの効果がすごすぎる

妊活のために、栄養療法を受けるべく「新宿溝口クリニック」を受診しました。

 

www.haruchannel.work

 

約1か月処方されたサプリを飲んで、身体に驚くべき変化があったので報告!

なんと!薬(中容量ピル)を飲まなくても、生理が自力できた!!きっとほっといたらまた数か月生理が来なくて、婦人科に駆け込んだであろうに・・・すごい!すごすぎる!

多分これが効果あったんだろうな、と思うものがあるので、詳しく書きます。

 

 

  

 

 処方されたサプリおさらい

 

 

 

まず、処方されたサプリですが、以下の写真のもの。プラス「DHEA」というサプリの7種類。

f:id:sharu0721:20190903165847j:image

 

私は、血液検査の結果、重度の亜鉛欠乏、体内の酸化ストレスが多い、ビタミンDの低下、コレステロール低下、などなど、ありとあらゆることが見つかりました。

ちなみに、よくある通常の血液検査ではこれまで悪玉コレステロールが低い、ということしかひっかかった項目はありません。今回も同様です。

ですが、精密に調べると、本当にいろんな体内の栄養障害がわかる!

これを持って7種類のサプリが処方されました。

 

1か月で目に見えた効果を感じたサプリ「DHEA」

7種類のサプリの中で、ホルモンバランスに直で影響を与えであろうのは「DHEA」というもの。

DHEAとは、人間の体内男女共通で存在する性ホルモンで、副腎で作られ、50種類以上のホルモンの素になるということ。

DHEAの働きによって、老化に伴う色々なリスクを減少させることができるため、「究極の若返りホルモン」とも言われているそう。

こちらを受診するまで、名前も知らなかった・・・

 

先ほど、悪玉(LDL)コレステロールの値が低いことで血液検査に引っかかったことがあると記載しましたが、「悪玉」という名前がつくくらいだから、低くても何も問題ないだろう~と私は軽く考えていたんです。

しかし、悪玉コレステロールはホルモンの材料にもなっているということで、値が低いとホルモンバランスに影響が出ると!!医師に伺ってびっくり!!!

 この状態かつ、生理が自力でこないという状況、血液検査の結果などを総合的にみて、新宿溝口クリニックでは、DHEAが追加処方されました。

 

これを朝食前に一錠飲み続けること約1か月・・・え、生理が自力で来た!すごい!となったわけです。

なぜこのサプリの効果かわかるかというと、医師に「生理が来るよう漢方を飲むように婦人科で勧められているけど、サプリと一緒に飲んでも問題ないか?」と確認したところ、「とりあえずサプリ飲み始めの一か月は飲む必要ない。大体の人はDHEAを飲めば生理も来るようになる」という話を聞いていたからです。

 

DHEAの副作用

 

ただ、DHEAには注意点があります。20代までは普通体内で十分に作られるものであり、あくまでも「ホルモン」であるため、とりすぎると、多毛症やガンの進行を早めるなど、体内に異常がおこります。

海外ではサプリとして自由に購入が可能ですが、日本では医療品。

最近は国内でも不妊治療の一環に取り入れる医療機関が少しずつでているようですが、35歳以下の方には勧めないところが多いということです。

 

私はまだ30歳ですが、これ飲んでいて大丈夫かな?と病院で処方されたにもかかわらず不安になりました。 が、よく思い出すと、処方される際に医師から、「一か月服用したら、DHEA-Sのみ血液検査をしましょう」と伝えられておりました。

私はこの項目がかなり標準より低かったため一日一錠DHEAを服用することになりましたが、一か月服用して数値が上がりすぎているようだったら、飲む頻度を下げるということでした。

てか、ホルモンのもととなるDHEAの値が低かったら、そりゃ生理も来ないよな・・・。

 

 

 

まとめ

 

DHEAはホルモンの材料であり、生理不順の人は摂取すると効果がある場合もあるけれど、飲み方に注意が必要のため、必ず医療機関を受診して摂取することをお勧めします!(ゆうて国内では購入できないですけどね。)

気になる方は、婦人科に行って聞いてみるのもいいと思います!